2011年8月31日水曜日

8/31活動記録 ~いよいよ9月~


こんにちは。ROBO+のサブリーダーになりました、2回生の清水です。
ROBO+をより活性化できるよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

さて、いよいよ明日から9月ですね。
新入生と私たち2回生たちは9月18日、25日のロボットの大会に向けて頑張っているところです。
ロボットの機体の方はほとんどの部品が出来あがり、
制御の方は、基板図完成間近からプログラミング取り掛かりの状態で、いろいろ苦戦しているようです。

写真は、1回生の作った機体の部品の一部です。
フライスという工作機械を用いて、正確な位置でアルミの角パイプを切ったり、穴をあけたりしたものです。一人でも作業できるようになり、徐々に1回生も工作機械に慣れてきたようです。(今後の活躍に期待)

だいぶ遅くまで残って作業している人もいます。お疲れ様です。
9月になってもまだまだ暑いと思いますが、頑張りましょう。

2011年8月30日火曜日

8/30 活動記録~時間をください~


こんにちは。二回生の牛です。
今日もみんな各自の相撲ロボットの作業を進めました。
機体班の人は工場に入って、作業をやったり、制御の人はエッチングしたり、はんだ付けしたり、基板図をチェックしたりしてました。
ちなみに私はすごく遅れたうえで、今日の朝一番大事な部品の大きさを間違えてしまったということを気づいて、基板図をほぼ一から作り直しました。本当に制御班として失格ですね。
ということで、基板図を頑張って書きに行きます。では、またね。

8/29 活動記録~ひたすら砥石で作業~



皆様こんにちは。ロボのお父さんことダディです。
本日、我々は相撲ロボットを完成させるべくミッションをこなしておりました。
私の本日のミッションは、ブレードの製作でございました。
相手の機体の腹の下に潜り込む大事なパーツですね。これを、アルミの板を削って、砥石でひたすら磨いておりました。めっちゃ時間がかかりました。腕が痛いです。でも、結構いい感じに刃の部分がキレイになりました。写真の通りです。でもまだ完成ではないので、もっと砥石ちゃんに頑張っていただきましょう。
それでは皆様、また逢う日まで。

2011年8月26日金曜日

8/26 活動日記~相撲ロボット大会のために~

元機体班3回生の大石です.8月もそろそろ終わりに近づいて9月に入ろうとしています.
長いと思っていた夏期休暇が半分過ぎてしまい,あっという間に秋学期が始まるでしょう.
自分は今ライントレーサーづくりに取り掛かっています.基盤図ができたので早くエッチング
の段階に入りたいですが,自分の基盤図が間違っていないかどうか元制御班の先輩達に
見てもらおうと思います.皆相撲ロボット作りに頑張っていて,夜遅くまでプロジェクト
ルームに残ったりしています.自動車免許の所得のために教習所に通いつつ活動に来るのは
大変だと思いますが,2,3回生で結構スケジュールがきつくなるので1回生の時取得するのが
賢明だと思います.今年はデスマーチにならないことだけでも願いたいです.

2011年8月23日火曜日

8/22 活動日記~ひらめき!ときめき!~


 このブログをいつも見てくれている人も今回が初めての人もこんにちは、元機体班班長です。

 昨日はひらめきときめきサイエンスというイベントが同志社大学で開かれました。このイベントは、前々回くらいのこのブログでもリーダーの松下が書いていたものです。ROBO+はそのイベントを手伝いました。

 ということで、今回のブログでは昨日のことを書きたいと思います。

 イベントは9時30分に開校式が行われ、講師の紹介,ひらめきときめきサイエンスの概要などの説明がされました。

 10時からはライントレーサーの電子回路製作が始まり、子供たちは2人でペアになり1つの基板に交代しながら部品をハンダ付けしました。ROBO+のメンバーは、ハンダ付けがきれいにできているかどうかをチェックして、汚いところや上手くできていないところは修正して、子供たちにハンダ付けを教えました。子供たちの中には、ハンダ付けが楽しくなってきたと言う子がいたりと、みんなとても積極的にハンダ付けに取り組んでいました。

 橋本先生の講義「移動ロボットの現在・未来」が11時30分から行われ、子供たちは未来ではどんなロボットが創られていて、そのためにどんな研究が行われているのかについて耳を傾けていました。


 講義が終わると昼食です。子供たちは初めて入る大学の食堂に少し戸惑いながらも、楽しそうに食べていました。

 昼食が済むと、基板はできたので、次はライントレーサーの駆動機構の組み立てを開始しました。その駆動機構というのは、ギアボックスにタイヤをつけたものです。この組立には、慣れている子がいたりして、ハンダ付けより苦戦している子は少ないように見えました。
 ギアボックスが組み立て終わると、橋本先生の研究室の見学をしました。そこで橋本先生がどんなことを研究しているのかの説明を受けたり、珍しいセンサーが搭載されたロボットが制御されて動いているのを見たり、実際にロボットの操作をしたりして、子供たちはロボットに興味津々でした。
 研究室巡りから帰ってくると、ギアボックスと基板を合体させてプログラミングを始めて、ライントレーサーのマイコンに、作ったプログラムを書き込みました。書き込んですぐコースを走らせれるペアもいれば、ここで初めてハンダ付けのミスに気付いて修正が必要になるものや、部品交換が必要になるものもありました。しかし、ライントレーサーがうまくコースを辿って走ったときは、子供たちは笑顔いっぱいで、自分もとても嬉しくなりました。
 この後ROBO+の活動紹介を、ロボットコンテストのことを中心に行いました。これをきっかけに将来ROBO+に子供たちが入ってくれたらいいなと思いました。
 そして、終了式が行われて一人ひとりに未来博士号が授与されました。なんとこの未来博士号の証書は、本物の博士号がとれたときにもらう証書と同じ紙質でできているのです!もらっている子供たちを羨ましく思いました。

2011年8月20日土曜日

8/20 活動記録 ~ライントレーサ~


こんにちは。
制御班3回生の上條です。

今日は以前から準備をしてきた「ひらめき☆ときめきサイエンスフェスタ」で使うライントレーサのコースを作りました。
どんなデザインにしようか色々と悩みましたが、あまり複雑にしすぎると走れなくなる可能性があったのでシンプルなデザインに落ち着きました。

ライントレーサといえば自分も今年はPID制御を用いた高度なライントレースに挑戦しようと思ってプログラムを頑張っているところでした。
8月中にはできれば完成させて、今年の僕の大きな課題である液晶の開発に取り掛かりたいのですが毎日暑いのでプロジェクトルームに足を運ぶのも大変です。

皆さんも熱中症には充分気をつけてほしいと思います。
今日のブログは以上です。

2011年8月13日土曜日

8月12日活動日誌

こんにちは。ROBO+リーダーの松下です。

やっと試験も終わり、ローム記念館恒例行事「ステップアップキャンプ」も無事終了いたしました。

これからがROBO+の活動の季節です。
激しく暑い日々が続きますが、頑張っていきましょう。

さて、今日はメンバーに今後の活動方針、活動内容などを確認しました。
その後、ひらめき☆ときめきサイエンスフェスタの準備を行いました。

ひらめき☆ときめきサイエンスフェスタとは科学の面白さを体験してもらうイベントで、全国の様々な研究機関で開かれています。同志社大学からはROBO+の顧問(正しくはプロジェクト責任者)でもある橋本先生が代表して開催します。
このイベントをROBO+が手伝わせていただく予定です。
このイベントの詳細は次のページからどうぞ!
http://www.jsps.go.jp/index.html
http://www.jsps.go.jp/hirameki/ht23000/ht23144.pdf

イベント開催は8月22日です。
イベント後、ブログにて報告いたします。
ぜひ見てください。