2010年7月6日火曜日

7/6 活動記録機体班 ~1回生の相撲ロボット~

こんばんわ。私は3年機体班のhです。
私は基本的にレスコンに出る機体作りには関わっていなくて、専ら手伝いをしています。
そして、今では機体はほぼ完成しているので、特にすることがないわけです。制御の手伝いをしたいのですが、如何せん知識も技術もないので、はんだ付け以外にできる手伝いが皆無であります。
ということで、今1回生の相撲ロボット作りのアドバイス・工場のいろはを教えています。
今度は私か誰かがフライス盤を教えなければなりません。フライスはロボットを作る上で欠かせない機械です。(フライス盤の説明。ウィキペディアより)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E7%9B%A4

画像は、相撲ロボットの1回生制御班の回路を上回生がチェックしているところです。工場という油臭いところに行かずとも作業ができるとは何とも羨ましい。しかし、制御は目に見えて悪い箇所がわからないから難しいですね。機体だとどこを改良すれば良いか一目瞭然。
個人的に制御できる方が、なんだかロボットを作っているような気がしてなりません。そろそろ私も制御班に転向しようかなぁ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿